「Chrome 68」から全HTTPサイトに警告表示へ--7月25日リリース

Googleは、2018年中に「Chrome」ブラウザで、HTTPS暗号化を導入していないすべてのウェブサイトに「Not secure(保護されていません)」と表示することを明らかにした。
 ブラウザのアドレスバーに緑色の鍵アイコンまたは「Secure(保護された通信)」メッセージが表示されないサイトはすべて、セキュアでないと見なされる。
 GoogleでChromeセキュリティチームの製品マネージャーを務めるEmily Schechter氏は、7月にリリース予定の「Chrome 68」でこの変更を適用すると認めた。

Contact

制作についてのお問い合わせはこちら

弊社サービスについてもっと知りたい場合は
お気軽にお問合せください。無料です。

お気軽にお電話ください。03-5840-7713 / 24時間受付 / 全国対応 平日9:00~20:00 土日祝日を除く
無料相談・お見積りはこちら
totop